プロフィール

Author:RECO
2011年に娘を出産。育児では、おむつなし育児とベビーサインに、私自身はあな吉さんの料理や手帳術、断捨離にぞっこんです。日々の暮らしやハンドメイド組み木などの木工作品まで日々のことをつづっています。

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
2055位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
851位
アクセスランキングを見る>>
訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の目標考え中

2013年になったら
今年の抱負をアップしようと思ったのですが、
いまだ考え中です。

丁度、素敵な本に出会ったので、それを取り入れて形にしていく予定。
今すぐにでも読み切ってしまいたいくらいけど

これまた 別件でやりたいなぁとぼんやり描いていたことがやらせてもらえるチャンスが巡ってきたので
そちらに注力中。


と、言うことで2013年の年間目標は
1月いっぱい考えてみます。
スポンサーサイト

ついにFP試験日が

ただいま必死にガリ勉中。
明日の試験に向けて 追い込みかけてます!


夫が。


6月ごろから毎日1時間ずつDVDで勉強して、とうとう明日が本番です。
目的は試験にうかることじゃなくて、
ちゃんとお金のこと、自分たちでわかるようになるため理解して私たち家族の生活に役立てるためです。

だから試験は あくまで 手段。
夫くん、なかなかいい顔して机に向かっております。
良き風が我が家に吹き込んでおります

ファイトー



夫婦の未来を考えた

娘の授乳後、昨夜の夫との会話を想い出しいろいろ考えだしたら眠れなくなってきたので
もう、いいやと起きてしまいました。

もしかしたら、私たち夫婦の関係性は変わってきてしまっているのかなぁ
あまり明るい未来ではないのかもしれないなぁと、結婚して初めて感じました。
誰しも気持ちは変わっていくものだし、長くいれば関係性も相手に対する思いも変わっていくのが常だけど・・・

結婚して丁度今年で3年目
私は今まで ずっと夫とはチャーミーグリーンの夫婦のように仲良し夫婦でずっといけるような気がしていました。
私自身は、まぁ細かいことで言いたいことはあるにはあるけど、独身時代より、
今の方が夫への気持ち、感謝も情も大きくなってきて
世に言う子供ができたら夫なんて・・・的な考えは私には当てはまりませんでした。

なんとなくだからか 夫もそういう気持ちでいてくれていると勝手に思っていました。
でもちがうんだろうなぁ って感じました。 昨日。
正確に言えば、なんとなく今までもそう思うことは何度かあったけど、気づかないふりをしてきただけなのかもしれません。

夫は、私に対する プラスの点よりマイナスの点の方が、より目につくようです。
いいところよりも悪いところの方が気になるということは、
それだけ私に対してマイナスの感情が大きいということです。


ブログの更新からもわかるよう、私が今一番力をいれているのが 断捨離と料理なのですが、
特に今はムスメが1歳になるまでに、2人目を妊娠するまえにという思いが強いので
片付けを重点項目にあげています。
(1つには料理は先月の重点項目で、ある程度がんばったから力量のバランスをさげています)

片付けって私にとってこの世で一番苦手とするところ
親からも、いとこからも もうずーっと小さいころから「片付けのできない子」というレッテルを張られ、もちろん自分でも 一番一番不得手なことだ!と自覚していました。私にはできないことだもん!とむしろ開き直っていたくらいで。
夫にも結婚してからずっと言われていたのは、料理とかいい、洗濯物も干す、頼むから散らかさないでくれと言われ続け、冷蔵庫には 私に直してほしいリストがズラズラと書かれていたくらい。

そんな私が、断捨離を実践し始めて、私にしてはかなりの!かなりの!努力をして以前よりは
片づけも掃除も継続するようになってきているのです。
昨日はトイレを2時間磨きに磨きまくったのです。

そんな昨晩 夫から言われたことは
やると言って棚上げになっている洋裁、木工作品の版下づくりはいつするのか?という突っ込みでした。
(トイレがきれいになったことは 何とも思わんたい。・・・・)

更に、
断捨離一生続けるっちゃろ?
(完全に飽きっぽい私への嫌味。どうせ今だけなんでしょってことだろうけど、たとえ今だけだとしても片付いてる”今”気持ちよくないかい?)

俺にまで断捨離しろとか言い出さないよね。
(散らかしても、片づけても結局どっちにしても私に対しての不満しか生まれない)


まだまだてのかかる小さい子の子育てしていたら、一日まとまった時間なんてとれません。
料理に集中したいときは家族の寝ている時間にやるくらい まとまった時間なんてとれないんです。
すべてはすきま時間にやるべきことをパズルのように埋める日々。

断捨離をはじめていると公言した時
母にいわれたのは、「あんたの一番苦手とすることやもんね!頑張りなさい」でdした。
でもたぶん夫にとっては、世の中の全女性 片付けは出来て当たり前な事 
っていう思い込みがあるんだと思います。だからプラス 何かできて 当然って思うんだろうなぁって。
私が思うに、むしろ片付けが上手な人の方が少ないと思うけど。
さらに言えば、片付けが女の仕事って 時代錯誤もいいところだけど。
得意と思ってるんだったら率先してやれば?だけど。
あ、なんか書いてたらだんだん腹が立ってきた。


あな吉手帳を始めたころ、すごい色々やりたいこと やらなきゃいけないことをリスト化して
洋裁ももちろん1日の流れにくみこんで 
娘の昼寝時間に頑張って進めるっていうのを試したことがありました。
そしたら 自分で決めたやらなきゃいけないことに 追っかけられて プレッシャーで 疲れて疲れて
やると決めたことが出来なかったら(当然娘優先だからできないことの方が多い)スゴイストレスで
体調を速攻こわしました。
ムスメそっちのけで自分のやりたいことをやろうとしてるんじゃないかって気がして本末転倒な事してるような気もしてきて。


そして、もう一度考え直して 自分への日々のノルマを絞りました。
まずは 家族の命に直結する 料理だけは絶対毎日つくること
その次に 娘が歩き出すようになるまえに 安全な家の環境をつくること
あとは、家事もやりたいこともやれそうなことを時間がある時に埋めていければよしとする と。

そういう私のいろいろ考えた上での制限がある中での活動は分からないであろうけど
でも

なんか自分の思ったことを整理しようとツラツラ書いてきたらなんか話がずれてきてしまった

感じたことは、
頑張っている私を認めてほしい私と 私に改善してほしい点の方が目につく夫。
私の両親のような関係になってきてるのかもしれない(あ、親は離婚しています)ということです。
チャーミーグリーン夫婦どころじゃないですね。

今気づきましたが、
くしくも今日、夫と出会って ちょうど5年目の日にあたります。
2007年9月1日に初めて彼と会いました。
なんか これってなにかを暗示するものがあるんだろうかとかとさえ思ってしまうわ!


さ、今日もいまから 娘の眠っている間に ごはんつくるぞ~!
って、もうすぐ5じやん ><







 




今はまだ断捨離できないもの

片付け苦手な私が 日々捨てること を ぽちぽちと進めているのですが
(ポチポチというところがまた決断力の弱さが露呈してますね)


2つなかなか思い切れないものがあります

それは、
1.英語関連の書籍
2.カナダに滞在していたころのモロモロ

断捨離的に考察してみると 過去への執着ということになるのですが
英語関連は ずっと英語が好きで、大学も英語学科で 親に多大なお金を出してもらって
社会人になって 再びお金を投じてカナダへ行って 

でも、 今までで自分がここまでにこうなっていたい自分というのを到達できていないっていうのが
ひっかかってるんです。
ずっと親にも申し訳なく、自分にもはがいくだから いつか、絶対に というのが まだ 
私の中にあるんですよね。
それは なかなか 自分のなかに強くあって だからといって今じゃぁ英語に取り組むのかと自分自身に問いかけてみると もうちょっとあと…という答えが返ってくる。
一度断捨離すべきなのでしょうが、 なかなかそこまで思いきれません

2つ目のカナダは やはりこれも英語に関する部分もあるんですが、
もう一つにはやはりそのころの楽しかった体験、経験に自分が執着しているのかなぁと思います。
もう、それから8年もたっているのに、まだそのころを思い出すとすごくいい心地になってしまう。
そのころに出会った友人たちは、もうどんどん前に進んで”いま”を生きてる
私もこのころの思い出は思い出として、 ”いま”をもっと充実させたいと思います
いや、もちろん今充実してるんですけど!! 過去になってるんだけど、
どこか カナダを懐かしがっている自分が・・・

これは今すぐにも断捨離すべきだなっと思い、今日カナダ関連の物を捨てようとしまっている部屋に入ったのですが、また懐かしさに負けてあまり捨てれませんでした。

やましたひでこさんも 断捨離でいきなりフルマラソン級走ろうと思ったり、試合に勝とうと思うのは無理があるんだから、まずは素振りから、と言っているし
すこしずつ、モノも過去も捨てて 今 と自分軸で生きていけるようにしていきます!

過去への執着 捨てたいぞ

親子だなぁ

夏のある日の写真。

9か月を過ぎた娘とわたしをオットがパチリ。

うつむき加減がやっぱり親子だなぁとか思ってしまった。


毎日続けるということ

私は、何かを毎日続けるということがとても苦手。
喰いつきは良いけど 続かない・・・。
これって、何かを会得するのに 一番だめなパターンですよね。

私がここ最近とりくんでいる続けていることといえば
オムツなし育児
ベビーサイン(イマイチレパートリー増えず)
あとは、あな吉メニューを取り入れたごはんづくりくらい?

一番長くて9か月(娘が生まれてだから) くらいだし・・・。

続けること を苦せずできる人は(いや、私が自分に甘いだけ?)
大きなことをやり遂げると思います。

いま、夫がFP3級取得に向けて毎日1時間(DVDで)勉強しています。
仕事が遅い日で、疲れてるだろうなぁっていうひも、
食器洗って、洗濯物干してそのあと1時間机に向かってます。

こういうところ、感心します。

でも、私もこのままではいけないので、どうして続けられないのか、どうしたら続けられそうなのかを日々考えて改善していくように努力中です。

たとえば 掃除機がけ。
出産前は毎日かけることなどなかったけど、今はかけない日はありません。
ひとつは娘に快適な環境を提供するという目的意識をもっていること、
2番目には(たぶんこれが大きい)毎日かけるのが嫌にならないような掃除機を購入したことです。
掃除機が嫌いな理由 重いのを持ち歩くのも 別室から持ってくるのも嫌。コンセントを抜きさしして あちこち部屋を回るのがメンドクサイ。 本体がいろんなものにぶつからないようにするのがメンドクサイ。

これを解決すべく、マキタの充電式クリーナーを購入したのですが、
このおかげで毎日 嫌にならずに思い立ったらすぐかけれるようになりました。

やっぱり何かを続けるためには、続けるための阻害要因を取り除くことは大切ですね。

毎日続けることが億劫な事に関して、どうしたら億劫にならないか日々考える癖をつけていきたいです。


レンジなし生活突入中

え~ 節電が叫ばれるこの夏、我が家はレンジなし生活に突入しています。

電気節約のため! とか
電磁波であたためるのが・・というマクロビ的な発想

というわけでなく


たんにレンジが壊れたんです。
実は結構前から 壊れてたけどだましだまし使ってました。


10万近くしたオーブンレンジ。 購入して3年目(まだまだ3年目!)
結構奮発したのに~!と思ってちょっと腹立たしくもありましたが
延長保証がきれてしまうまえにと思って 重い腰を上げ 購入店にもっていきました
なんとか?とかいう部品の故障で なんと修理費3万4千円らしい。
安いやつ買えるやないかいっつ!て思いましたが まぁ 無料だったのでそのまま修理へ。

いまレンジなし生活1週間くらいですが、
思いのほか 不便さは感じません。
娘の離乳食や、ごはんの温めなおしは 蒸し器を使ってますが、
朝お湯を沸かしてポットにいれておいたら
あとは温めなおし用に必要な時にポットから蒸し器鍋に入れて 3-5分ほどあたためるだけ。

これがまた、レンジよりも蒸し器で温めなおしたごはんの方がずっとオイシイ!
修理に2週間かかりますと言われ かなり 撃沈していたのですが、意外と すんなり過ごせそうです^^

す・・・・ストレスか? 血尿がっつ

最近あな吉手帳に目覚めてから
いままでやってなかったことが見える化し、とたんに色々動き始めました。

すると 後おいまっさかりの娘のため 思うようにことも進まず、やりたいことも やらなきゃいけないことも いっぱいあるのに できない~ というのがストレスになってきました。
更に、頑張っていろいろ詰め込みすぎて スゴイ疲れを感じる・・・。
昨日とうとう血尿が・・・。



最近読んだストレスフリーの整理術という本の中にで書いてありました。
やるべきことをたくさんかき出すと、不安や、罪悪感に襲われると。でもそれはやるべきことがたくさんあるからではなく 自分に課した約束が守れなかったからだそうなんです。
なるほど。

更にその本には、仕事の優先度の決め方は
状況、使える時間、今持っているエネルギーを考慮した後で、それぞれの優先度を考慮することができるともありました。
これはかなり納得。

中途半端に手帳術をやり出して、まだ やりたいこと、やらなきゃいけないことが中途半端にしかピックアップできてない状態ということもあり、 何かやっててもまだこれもあった~と思い出したりして、もやもやするし、いまはやらなくていいものとか疲れてるのに いまやらなきゃいけないと思って こんなにある~と押しつぶされそうになる。

TODOの中に 休む 何もしない という項目を追加することにします。
そして早く手帳を本格稼働させたい。 

紫蘇に続き・・・・


バジルも自生しています。
自然慣行栽培です。 3苗発見。 今年もよろしくね 大きく育つんだよバジルちゃん


P1060119_convert_20120626045905.jpg

主婦力向上月間

ただ今絶賛主婦力向上月間中のワタクシです。

1. 料理のレシピを増やす

2. おやつは手作りにする→おやつをやめれないので安全なものをたべ、食費をうかし、
  そしてひいては娘につくってやれるように。

3. やらなければならないことを先延ばししないようにする


1.は結婚して3年なりますが、いまだ本がないと料理が作れない現状を打破するため。
子どもが出来て増々時間がなくなっているなか自分のれぱーとりーで回すのにあきあきして、新しい料理を作っても全然頭に入ってこない・・・。これでは自分の首がすまるいっぽうなので、簡単で覚えやすそうで体に良いあな吉さんをチョイス。

まずは、ひとまず1週間、毎日一品は新しいレシピに挑戦することを決めました。(おなじ料理でも新しい調理法を使えば、1カウント)そして頭に定着させるため、だんなに夜にレシピの作り方を説明。そして1か月以内にもう一度その料理を作りさらに脳みそ定着をはかります。

2. これは以前ブログにも書いた通り。お菓子作りに15分あてる。(買にいけば したく5分 行き5分 帰り5分で時間もお金もかかる!)同じ時間でつくれる簡単なものをとりあえず作って砂糖漬けの体をまずは満足させる。さらには砂糖を減らす目的もかなえ一挙両得状態にする

3.これは元々先延ばし性格なのが、子供が生まれてからあまりにもひどくなり本当にまずいと思うので、今のうちなんとか着手せねばとおもった次第です。あな吉さんの手帳術という本にしたがってやらなきゃいけないこと、そして自分がやりたいことを実現させるため 取り組んでみます。

ここに主婦力向上を目指して努力することを宣言します!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。