プロフィール

RECO

Author:RECO
2011年に娘を出産。育児では、おむつなし育児とベビーサインに、私自身はあな吉さんの料理や手帳術、断捨離にぞっこんです。日々の暮らしやハンドメイド組み木などの木工作品まで日々のことをつづっています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
747位
アクセスランキングを見る>>
訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児湿疹をきっかけにマクロビ旋風再来

妊娠前気になっていたマクロビ、またまた今気になって
図書館で色々本を借りてきて読みふけっています。

きっかけはムスメの乳児湿疹。
いつか治るよねと信じて和食中心で今まで来たけど4か月近くなってもなかなか全快せず
すごく気にしていました。
ある日、私が高熱をだしほとんど食事をとれず、野菜ジュース、食べてごはん味噌汁
位の日々が数日続いたら、ムスメの肌が格段に綺麗なったんです。
最初は月齢があがったからだけと思ってもう少ししたら完治するだろうと思っていたのですが
その後、私も回復し普通の食事に戻ってから、悪化することはなかったけどそれ以上よくなることもありませんでした・・・・。

そんな折、普段あまりたべないけど便秘にいいかな?と思いヨーグルトと
外出だから簡単なもので済ませちゃおうと思って菓子パンを食べてしまった翌日・・・・
ムスメの乳児湿疹が、一気に悪化してしまいました。
4か月検診の日だったのですが、うちの子ほどひどい乳児湿疹の子はいなくて
本当にムスメにも申し訳なく、私自身自分の甘さに落ち込みました。

あまりにひどかったので皮膚科へ行き、薬を処方され、おかげで今はとってもきれいな肌ですが
その時に思ったんです。
病気で何も食べれないときに改善して、パンやヨーグルトで悪化ってやっぱり私の食べ物が如実に表れてるっていう証拠だよねって。
(もう一つの原因として考えられるのはBCGの予防接種。
生ワクチンだし予防接種を排毒っていう形で肌から出したのでは?とも結構真剣に思ってます。)

母乳出すためにと思って和食中心ではきたけど、
振り返ると、朝はパン食べたなぁ、
砂糖中毒の私、甘いものがほしくなるとイモケンピ一袋たべちゃったりもしたなぁ

ちょっとくらいいいよね

そんな自分の意志の弱さがこんな小さなムスメに代償を払わせてしまってたんだ・・・・と。
つくづくムスメに申し訳なくて、親なのにって、自分が情けなくなりました。
もちろん、食べ物それだけではない部分もあると思います。
月齢があがると肌がつよくなるとか、胃腸ができてくると毒素を排出できるようになりよくなるとか、
8キロをこえるとよくなるとか・・・。

でも、やっぱり
白砂糖ぬき、小麦粉抜き、乳製品抜き、たまご抜きのマクロビ[本当はそういう”規則”ではないらしいですが)の要素を少し生活に取り入れてみようかという気になってきています。

もうすぐムスメの離乳食も始まるのでそれも踏まえて食についていろんな本読んで勉強しようと。
正直科学的な裏打ちがないとなかなか信じられない私には、不可解?と思うところもありますが
共感できるところもあったり。

夫は今までの和食中心のさっぱり料理ですら「精進料理」といっておきに召さないので
きっと反対だろうな。

まずは、食についてマクロビ含めて勉強していきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。