プロフィール

RECO

Author:RECO
2011年に娘を出産。育児では、おむつなし育児とベビーサインに、私自身はあな吉さんの料理や手帳術、断捨離にぞっこんです。日々の暮らしやハンドメイド組み木などの木工作品まで日々のことをつづっています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
747位
アクセスランキングを見る>>
訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレクション

今、俯瞰力 を読んでいます。
とても共感したことが早速出てきたので忘れないうちに ブログに残しておくことにしました。

それは、コレクションについて
コレクションしているもの それは「モノを愛でてるのか? 集めるアクションが好きか?」
ということを見極めようよ!というもの。

これはこの本を読む前から自覚していましたのでものを集めるという行為をやめていましたが、
私自身、 そのモノが好きでコレクションしているモノは ありません。

以前、カナダに行った頃、友人に触発されてご当地ピンバッチを集めたのと
新婚旅行でドイツに行ったことをきっかけに、くるみ割り人形をコレクションしようと思って数体あります。

でも、それらを大切にして、日々手入れしているか?というと
全く放置状態。そして、どう考えても 後者の考えでコレクション始めているということに気づき
集めることをやめました。
くるみ割り人形はドイツで買った2個以外は断捨離できそうなので気に入っている2個に絞る予定です。
そして、ピンバッチは 全部が断捨離対象品です。 
でも、まだ捨てる勇気はありません。 
なぜなら やっぱりカナダのこの地に行ったんだ!という証拠品に自分がしがみついているからでしょう。

断捨離的に思考を進めれば、このモノを取っとくことにより自分が守ろうとしているモノ
失ったときに被るリスクを考えるので、私もピンバッチで考えてみます。

ピンバッチを捨てることにより
守ろうとしているモノ : カナダのいろんな地を訪れた証
失うリスク      : もう2度と手に入らない。見るたび思い出す良き思い出を忘れること
失うことにより得るもの: 過去への執着、空間

今、こう書き出して
結果どうアクションしようかなぁと思いをめぐらせましたが、ピンバッチの写真を撮って現物は捨てるというのもありだなぁと思いだしています。でも、まだなんだかもう少し娘が大きくなったとき見せたいきもするので即アクションにはならないかな。あー執着している私。

断捨離道は険しいです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。